TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

福祉・介護サービス 新着記事

NEW POST help
  • ショートの生活相談員が利用者受入れ時に確認すべき3つのポイント

    このページをご覧になっているあなたは、ショートステイの生活相談員として実際に利用者を受け入れている立場の方だと思います。

    takuma

    教科書に載ってない介護福祉の話

    読者になる
  • 夜勤専従みょうりにつきる♥️

    有料老人ホーム 夜勤専従で働いています。嬉しいことがありました今日の朝の出来事です。ご利用者様から、『あなたが夜勤だと、本当に安心して眠れるのよ。』と言って頂…

    あーたん

    介護士兼福祉美容セラピスト

    読者になる
  • 壁掛け第二バージョンと!

    本日の作品!今日は、壁掛けの第二バージョンで、ベッドベビー吊るしなどの、ふたつを作ってみました。普段遣いにまとめられた、とても可愛く使っていただけると思います。そして、もうひとつ今日は、ハギレの生地を使い、掛け軸を作ってみました。こちらも可愛らしい、特徴あるものに仕上げられたと思います。壁掛け第二バージョンと!

    トータルサポート 太陽

    トータルサポート 太陽

    読者になる
  • いい緊張は充実感をあげる

    仕事には緊張感があった方が良いし、私自身、緊張感がある仕事が好みです。 時にはメンドクサイと思う時はありますが、続けるとしたらこちらの方が充実感があります。 大学卒業して30年間くらい色んな仕事をしました。この経験が仕事をする判断材料にはなっています。 ま~なるべくやりたくないのは、ダラダラした仕事環境ではやりたくないですね。稼げたとしても。 上司の間違っている指示に従わなくてはいけないとか。残業代を稼ぐためにわざと仕事を遅らせたりとか。 ↑ これは本当に私には合いませんでした。 緊張感のある仕事は失敗が許されません。事前の準備が重要になります。 たまたま出来た事には価値はありませんね。 緊張感が好きというのは、緊張感があったことで人生で成功体験があるということですね。 私は小学生の頃から色々なスポーツを好んでやっていました。 スポーツには大会などがあり、そのための練習を積んでいきます。 大会では良い結果を出したいがために練習をしますが、大会で悪い結果だと、その積み上げた練習がある意味無駄になってしまいます。 大会の結果というのは、その後の仲間への信用にもなったりします。 結果が良いと達成感というより、ほっとするというか虚脱感(^o^) 積み上げてきても、得られるのはそんなものかもしれません。この気が抜けるのがクセになるのかもしれません(笑) しかし、ダラダラスポーツをしていると、この感覚は出せません。 一生懸命やると、それなりの成果があると頑張れます。 それが現在の仕事、民間救急にはあります。 一番良いのは「同じ業者が同じことができますか?」と感じて頂ける体制。 それには常に緊張感を持っていられるかどうかでしょうか。 #民間救急 #ブログを更新 #緊張感 #仕事

    こんちゃん

    民間救急・介護タクシー

    読者になる
  • コロナ陽性… 受け入れられない。

    今日心が締め付けられる、苦しいことがありました。私、富裕層向けの高級有料老人ホームで働いておりますが、そこのご入居様が、先日、骨折で入院し、タイミングが悪くク…

    あーたん

    介護士兼福祉美容セラピスト

    読者になる

「介護ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)