TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

介護 家族・友達 新着記事

NEW POST
help
  • 祭壇の遺影につて・・

    昨日病院から施設に戻り暫く妻と娘たちが語り合いました・・・その時遺影の話が次女からあり、亡くなった時の写真は若い頃の写真・・をと話が出ました。私は妻が特養に入所していた頃、笑顔の写真を遺影にと考えていましたが、娘からしますと老いた病弱の母の写真は気持ち的にも望んではおらず、いつも元気な若い着物姿の妻を面影として長く心に留め置きたい様子です。私は娘たちの素直な気持ちに理解をして好きなようにと・・同意しました。娘からすれば何時も元気な母親の面影を心に刻みたいのでしょう・・祭壇の遺影につて・・

    若年認知症妻の介護日誌

    若年認知症妻の介護日誌

    読者になる
  • 追伸・・娘たちの身勝手

    家族と特養施設の打合せ及び話し合いにより、妻の今後については四日の点滴を最後に施設で看取りをすることに決まりました。コロナウイスの最中看取りに入ると家族との面会は自由となりました。娘たちはコロナで仕事は中断し、子供達の学校通いが許可されイライラから解放されてホット一息です・・二人の娘は時間的余裕から、これからの看取り期間は毎日特養に通うと意気込んでいます。その中で私にも毎日妻への面会を強要する態度に呆れるばかりです・・妻の介護は長年にわたり、殆ど私一人が介護に携わってきました。居宅介護とデイサービスに4年間・特養で6年間・・どんだけ精神的・肉体的苦労が重なり老体をついばんできました。その間娘たちは各自の生活もあり定期的には、特養での訪問面会をしては来ましたが、実質的には殆ど介護はなされていません?それは仕方のな...追伸・・娘たちの身勝手

    若年認知症妻の介護日誌

    若年認知症妻の介護日誌

    読者になる
  • 絶対に他言してはならないと言われたら?

     言たくなる。言いたい。 なあんて、自己暗示はよしておこう。 これもあとで見渡せば、それぞれの物語に整理されてゆくのだろう。それぞれの物語をそれぞれに心に残すのは友達だ。物語が多くなればなるほど、友情は深まってゆく。ただ、見送る人が多くなる年代では、同じ

    hitorisizuka

    3 YEARS AFTER

    読者になる
  • どうなる?コロナ感染・現状と今後

     コロナ問題が、これほど世界的に激烈になるとは思いも寄らなかった。 今、最も気がかりなのは、アフリカや難民キャンプ等医療資源が日本以上に乏しい地域の人達のことや海外から帰国できなくなっている人達と、日本から帰国できなくなっている人達たちのことだ。 過日、

    hitorisizuka

    3 YEARS AFTER

    読者になる

「介護ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)